ドゥーウィー・ステーション "オフ・ザ・ビートン・トラック" グラシアーノ 2019
new
5fbcbab4b00aa35f74ce6a66 5fbcbab4b00aa35f74ce6a66 5fbcbab4b00aa35f74ce6a66 5fbcbab4b00aa35f74ce6a66 5fbcbab4b00aa35f74ce6a66

ドゥーウィー・ステーション "オフ・ザ・ビートン・トラック" グラシアーノ 2019

¥4,950 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

ブドウ品種: 100% グラシアーノ  ヴィンテージ: 2019 ヴィンヤード:モッパ(ノーザン・バロッサ・ヴァレー) 小地区・産地・国:モッパ /バロッサ・ヴァレー/オーストラリア アルコール度数: 14.1% オーナー : ステファン&エレノア・ドゥーウィー ワインメーカー: ステファン・ドゥーウィー 生産量: 110 ケース SO2(free): 21 mg/L クロージャー:スクリューキャップ 農法:コンヴェンショナル ワインについて: ドューウィー ステーションはユーモアあふれる良質な時間と職人技が光るワインそのものです。 グラシアーノはスペイン原産のブドウ品種で、リオハでは通常テンプラニーリョとブレンドされます。このリオハブレンドには大体10%程が使用されるようです。主な効果としては素晴らし色合い、タンニンや味わいのストラクチャー、そしてpHが低いまま熟すので自然な酸のバランスが挙げられます。 上記に述べたような属性を見せてくれるバロッサヴァレーでは、この品種は素晴らしく良く育ちます。 2019年のこのグラシアーノは小地区モッパにある単一畑から収穫しました。モッパはスーパープレミアムな地区としてよく知られていて、オーストラリアで最も有名なワインに使用されるブドウの大部分を産する地区として有名です。そのワインとは、知らない人はいないであろう `ペンフォールド グランジ`です。 グラシアーノに一番重要なことは正しい収穫のタイミングを見極めることです。ナチュラルな酸が完璧なバランスに達しつつ、同時に活力溢れるフルーティーさやフローラルのアロマを放つ時期はとても短い時間に限られます。 ブドウは徐茎されると直ぐに破砕せず、輝きのあるアロマを残しながらタンニンのコントロールをする為に果実をそのまま残します。素晴らしくピュアな果実と花のようなアロマが発酵早期に確実に現れ、発酵二日目にはそれが発酵槽から飛び出しくる様に香り立つのでその最高潮のアロマを逃すまいと私達は必死になります。一回のパンプオーヴァーは5分間と制限し、タンニンがちょど良い上状態仕上がり始めると直ぐにプレスをかけます。ちょうど糖度3度の頃合いで抽出し、素晴らしい花のような果実を損なわない様に樽熟成は短くします。ワインの30%はプレスされた後に新樽で6週間寝かせてタンニンに丸みをもたせます、残りのワインはユーズドの樽で寝かせます。プレスして6週間後にこれらをおり引きして全てブレンドして均一化させます。一つに調和されたワインは再度ユーズドの樽に戻され8ヶ月熟成せます。最終的に私達がこのワインに心を奪われる結果になることは言うまでもありません。明るくフローラルな果実主体の何層にも重なったフレーヴァー。自然な酸とパーフェクトなバランスが存在します。 2019年は極端な天候の年でした、夏の強烈な暑さがやってくる前にブドウ樹への霜害が春の間じゅう懸念されました。この環境がブドウに対してどの様な影響を与えるかというと、過度のストレスに晒されることでブドウは小粒になりより凝縮感が増します。実が小さければ小さいほどより凝縮された味わいとタンニンを得る事ができます。 そして2019年はワインが典型的なバロッサモンスターになり得る年だったので、がっしりしたタンニンをコントロールしながら心地良い果実の凝縮感を表現する、正に腕の見せ所という年でした。力強さからの恩恵も感じつつ、果実にフォーカスしたミディアムからフルボディの間を落とし所とする為に非常に多くの作業を要しました。これた私達の真の スタイルなのです。 ワインとエチケットの両方が決め手となる重要な要素です!それも一族内で手がけています、このラベルのデザイナーはエリーの叔父、マイケル・クルサード、イギリスのエクスターで活躍する情熱的な漫画家 です。ステファンはそこに何かユニークでエネルギッシュ、天才的なものを創造したかったのです。 テイスティングノート: 誘い込まれるような完熟したチェリーの濃い赤色。ブーケは熟したダークフルーツとわずかにマッシュルームの香り。スモーキーで杉の木やベーコンの油が複雑味となっている。味わいはミディアムからフルボディ。香りに感じる果実感にスペアミントのニュアンス。酸がワインを滑らかに仕上げ、タンニンには乾いていて少し埃っぽさが存在する。まるでワインに人格がある様です。 料理の相性:リッチで凝縮した果実感のワインなのでゆっくりとローストした肉類 レビュー: ワインステートの最高点 (オーストラリア) 今年のワイン – ワイン ステート マガジンWine State Magazine 【クール便ご希望の方へ】12本までであれば、通常の送料に+¥1,210(税込)でクール便がご利用いただけます。ご希望の場合は下記のクール便オプションをカートに入れてご購入ください。 https://awinesjapan.stores.jp/items/59a66c65c8f22c240600000f