original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

ネリンガ シャルドネ 2019

¥5,005 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

ブドウ品種: 100% シャルドネ ヴィンヤード:サミット・ヴィンヤード(東向き)&ルファス・ヴィンヤード 産地・国: アデレード・ヒルズ、 オーストラリア アルコール度数: 13.7% オーナー:エリン&ジャネット・クライン 醸造家:エリン・クライン クロージャー:スクリューキャップ 生産量: 240ケース SO2: 74 mg/L 有機・ビオディナミ認証:Certified Biodynamic Cert No:5184 このワインについて: 新しくなったネリンガのラベルとロゴはブドウが育つ大地との強い関係性を現しています。まず最初に、ネリンガの文字はブドウ畑があるマウント・バーカー山の頂上を現しています。そしてマークの方は2つの意味合いが含まれています。まず、この丸い輪は満月と自然のリズムが共に作用し合うビオディナミ農法の実践を指し、輪の内側にはシーオークというオーストラリア原産の針葉樹の葉が絵がれています。`ネリンガ`とは先住民アボリジニの言葉で「シーオークの自生する場所」という意味があり、ワイナリー名はこれに基づいています。全ぶどう畑がビオディナミ認証を受けており、合成化学薬剤などは一切使用せず、自然のリズムに基づいた持続可能な農作業を行っています。 朝の陽光をたっぷりと受け、午後の強い西日を避ける事ができる東向きのサミットヴィンヤードから造られる単一畑のシャルドです。海抜330mから360mに畑があり、赤褐色粘板岩と砂岩、鉄鉱石を砂礫ロームが覆った土壌になります。このワインに使われるブドウのほとんどは畑の上部と下部に植わっているものです。一方ルファス・ヴィンヤードは西向きで岩と褐色鉄鉱石が粘土質を覆った土壌です。 2019年は果実がとても小さく非常に難しい年でしたが、品質においてはピュアで素晴らしい凝縮感がありました。 平均的な降雨量の春から始まり気温の高いコンディションが続く非常に乾燥した夏となりました。早期の収穫となりましたが、幸運なことに夜間はきっちり気温が下がり冷え込んだので果実の味わいも自然な酸もしっかり載ってくれました。 このピノ・ノワールは小ぶりの15kg容器を用い丁寧に手摘みされた後に全房プレス、フレンチオークの新樽と数年使用したバリック(225L)とパンチオン(500L) で短時間落ち着かせます。アルコール発酵・乳酸発酵ともに天然酵母で行います。その間バトナージュは一切やらずに澱と一緒に11か月熟成させます。酸化から守る為、瓶詰め前に極僅かのSO2を使用するだけで酵素・清澄・フィルターは一切なし。 テイスティングノート: 力強く、優雅でフレッシュな黄梨やシトラスの皮の様な存在感のある果実味があります。フレンチオークと乳酸発酵からのナッティーさが果実味を美しく支えそれが複雑味となっている。味わいには豊かなリッチさと上品な酸、長い余韻が感じられます。 【クール便ご希望の方へ】12本までであれば、通常の送料に+¥1,210(税込)でクール便がご利用いただけます。ご希望の場合は下記のクール便オプションをカートに入れてご購入ください。 https://awinesjapan.stores.jp/items/59a66c65c8f22c240600000f